まだ若いのに更年期障害?

体の不調の原因は

なんとなく体の調子が悪い。これまでなんともなかったのに…ナゼ?それはもしかしたら、ホルモンバランスが悪いのかもしれません。放っておくと若年性更年期になってしまいかねません

女性ホルモンは体の機能を調節する役割があり、分泌が乱れることでめまいや頭痛、イライラなど、様々な症状となってあらわれます

生活リズムの改善と食事療法で! (http://www.skincare-univ.com/recipe/bihada/article/000657/)
エストロゲンを補充してあげましょう

更年期症状は女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)が少なくなることにより起こりますエストロゲンが減少していくと、骨密度が低くなります他にもイライラすることが増え、外見の衰えや体型の崩れ、抜け毛が気になることがあります

この症状を緩和するには、エストロゲンと同じような働きをする成分を補充する必要があるのです。

深刻化するとうつ病にまで発展することもあるので、女性ホルモンが不足している場合はしっかり補ってバランスを整えてあげましょう

エストロゲンを効率よく補うためには? (http://www.skincare-univ.com/recipe/bihada/article/011943/)
ホルモンバランスを整える

ここ数年の傾向として、ホルモンバランスが悪い女性が増えてきています生理痛やPMSはホルモンバランスが原因とされており、約8割の女性に見られる症状です

ホルモンバランスの乱れは、内服薬によって治療をすることも可能ですが、副作用が起こる可能性があるため、食事によってホルモンバランスを調整するほうが、リスクや危険性がほとんどなくおすすめです

特におすすめは納豆です約1パックの摂取で1日の必要量を満たすことができます

ホルモンバランスを整えるポイント3つ (http://www.skincare-univ.com/recipe/bihada/article/001617/)

いかがでしたか。女性にとってホルモンが少なくなっていく、更年期を乗り切るためにもホルモンバランスを整えることが大切です。スキンケア大学にはホルモンバランスに関する役立つ記事がたくさんあります。ぜひ、御覧ください。

ヘルスケア大学2016.04.17

images-3-48-150x150images

【関連する記事】