へその緒幹細胞で治療薬開発

東京大学医科学研究所の研究グループはへその緒(さい帯)に多く含まれる幹細胞を利用した治療薬の開発に乗り出す

細胞のもとになる幹細胞は、炎症を抑えたり組織を修復したりする働きもあるまずは血液がんの治療で重い合併症を発症した患者で、国の承認を得て、2016年度にも安全性や有効性を確かめる臨床試験(治験)を始め、20年頃に製品化したい考えだ。研究グループの長村登紀子准教授によると、さい帯の幹細胞を使った薬の開発は国内で初めて

計画では、妊婦の同意を得た上で出産時にさい帯を提供してもらい、同研究所内の「バンク」に凍結保存。その後、さい帯の幹細胞を培養し、点滴用の薬として加工する

治験は、血液がんで骨髄移植などを行った後に、肝臓障害や下痢などが起こる急性の移植片対宿主病(いしょくへんたいしゅくしゅびょう)(GVHD)の患者が対象命にかかわる合併症で、開発を目指す薬で肝臓や腸などの炎症を抑える通常行われるステロイド治療で改善しない重症患者10人程度に点滴し、安全性などを確かめる

参考 読売新聞 2016.01.27

EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

【関連する記事】