ひまわり8号→七夕から運用開始

日本、そしてアジアの空を見守り続ける人工衛星が、七夕に新旧交代する昨年打ち上げられた気象衛星「ひまわり8号」が、7月7日午前11時(日本時間)から本格運用を開始するのだ

このひまわり8号、従来機の7号よりパワーアップしたとのことだが、具体的に何が変わり、そして私たちの暮らしにどんな影響を与えるのか。気象庁を直撃した。

気象庁の吉崎徳人・衛星データ利用技術開発推進官は、ひまわり8号の性能について次のように話す。

解像度の向上などによって、数値予報(コンピューターで未来の気象状況を予測する手法)の精度向上も図られると期待しています。また、『7号』まではモノクロでの撮影しかできなかったため、これまで気象庁ホームページにあるカラーの『衛星画像』は着色したものでしたしかし、カラー撮影が可能になった『8号』の登場によって、自然な色合いの画像に変わります

解像度は、これまで1km四方だったものが0.5km四方(可視画像の場合)まで識別できるようになるというこれによって台風の進路予測や、ゲリラ豪雨の原因ともなる積乱雲の動きがより監視しやすくなるとのこと。ゲリラ豪雨の増えるこれからの季節。精度の高い予測が可能になれば、豪雨をうまく回避できるようになるかもしれない

では次に、カラーになることでどんな恩恵があるのか。これは、白い雲と黄砂との識別が容易になるため、黄砂飛来の監視がしやすくなるという側面がある。こちらも精度が上がれば、黄砂の影響を受けやすい福岡県などで、特に役立つ情報が得られるようになるかもしれない

さらに、「ひまわり」はかねてよりの「弱点」も克服できるようになった。実は「ひまわり」には、関東地方が悪天候に見舞われるとデータ取得が困難になるといった弱点があったこれは「アンテナサイト」と呼ばれる「ひまわり」の画像を受信する施設が、埼玉県鳩山町の1カ所にしかなかったため。そのため、この周辺の天候が悪くなれば、受信作業でもろに影響を受けていたのだ。そこで、2013年に北海道江別市にも「副局」として位置づけたアンテナサイト・データセンターを開設。これが24時間切れ目なく天気予報を発信する一助となり、より安定的なデータ受信が可能になったのだ

このように、私たちの暮らしに役立つ空の情報を送り続けてくれる「ひまわり」。気象衛星といえば「ひまわり」と誰もが答えられるほど身近な存在になっているが、実はその愛称、かつて消えかけていたことをご存じだろうか。

それは、ひまわり5号の次の衛星でのこと。この衛星は、これまでのような気象観測だけでなく、航空機の位置測定も担う、初の「運輸多目的衛星」だった。これにともなって、愛称も「みらい」に変更することが決定した。しかし1999年、いざ打ち上げという段階で、発射直後にロケットが故障。「みらい」は爆破処理となってしまう。これを不吉としたのか、これ以降の衛星は再び「ひまわり」に戻されている

現在の「ひまわり」という愛称の背景には、「みらい」がたどった悲しい運命があったのだ。試行錯誤や失敗を重ねながら、進化してきた「ひまわり」。七夕の日は、見上げた夜空だけではなく、その空から送られてくる画像にも、注目していただきたい

参考 dot  2015.07.07

 

【関連する記事】