はやぶさ2→軌道修正なるか?

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7日小惑星探査機「はやぶさ2」が3月下旬から実施していた主エンジン「イオンエンジン」の連続運転について、計画通りに5日に終了したことを確認したと発表した今回の連続運転は、これまでで最長の約795時間に達した

ダウンロード (1)ダウンロード (1)

2014年12月に打ち上げられたはやぶさ2は、地球と火星の間の軌道にある小惑星リュウグウを目指している。15年12月に地球の引力を利用して探査機の軌道を大きく変え、加速する「地球スイングバイ」に成功。3月22日に開始した今回の連続運転は、リュウグウへ向かうためさらに軌道を修正する運用の一環だった

今回の連続運転で予定の軌道に入ったかどうかについては、今後解析する。JAXAによると、16年6~7月に予定するリュウグウ到着までに、さらに2回の連続運転を計画している。【永山悦子】

最終更新:5月7日(土)20時7分

毎日新聞2016.05.07

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】