なでしこ→豪州に1ー0の快勝!

 女子ワールドカップの決勝トーナメント準々決勝の日本対豪州が28日(現地時間27日)、カナダのエドモントンで行われ、日本が1-0で快勝、ベスト4進出を決めた日本は、積極的なプレスで序盤からボールを支配。美しいパスワークで、かき回し、後半42分、途中から投入されていた岩淵が決勝ゴールを決めた準決勝はイングランド対カナダとの勝者と7月2日(現地時間1日)に行われる

 準々決勝の地、エドモントンのコモンウェルススタジアムは、真夏の太陽が人工芝に照りつけたキックオフの時点で、発表された気温は、26度だったが、アップの段階で、すでに各選手が汗を拭くシーンが目立つほどの暑さだ

なでしこは、「美しい」と海外メディアに評価されるほど、連携のうまくいったオランダ戦と同じスターティングメンバーで臨んだ。大儀見、大野のツートップに、左サイドハーフに司令塔となる宮間をおき、ボランチは、宇津木―阪口のコンビ。両サイドバックには、鮫島と有吉だレジェンド、澤はベンチスタートとなった

警戒していた立ち上がりで、日本がペースを握る長いボールを入れ、ディフェンスを下がらせた後に、中盤からの細かいパスパークでビルドアップしていく7分、ディフェンスの深い位置から縦に出たボールに大野が裏へ抜けだして反応、シュートはゴールの上へそれたがファーストシュートは日本だ
11分、バンエグモンドからゴール正面に飛び出たサイモンへスルーパスをつながれたが、ペナルティエリア内で岩清水がスライディングでクリア最初のピンチを脱した

キャプテンの宮間は「オーストラリアの立ち上がりの勢いは凄いその勢いを抑えるというより、それ以上の勢いを持って(立ち上がりに)入りたい」とゲームプランを語っていた
日本は高いポジションで積極的にプレスをかけ、川澄と宮間が交互に中でボールをコントロールしながらボールを動かすオランダ戦で手ごたえを感じていた選手の距離感も理想的だ21分、川澄が右サイドを切り裂き、大野へ絶好のクロスを入れるが、ダイレクトシュートは惜しくも枠を外れた

31分、注意をしていた豪州のデバナに左サイドをドリブルで突破されるが、懸命のディフェンス直後には、宮間がミドルシュート。キーパーに弾かれたが、続くCKで、ヘッドをあわせ、日本は、怒涛の攻撃で豪州を防戦一方に追い込む日本はボール支配率で60パーセント以上をキープしながら後半へ

アジアの最大ライバルである両者の過去の対戦成績は、9勝5敗7引き分け直近の2014年のアジアカップでは、1次リーグで2-2の引き分け、決勝では、日本が1-0で勝った日本は、熊谷など海外組が不在だったが、豪州もMFのゴリーが「私たちのチームは、あのときより、さらに成長している組織的なサッカーができるようになっている」と語るほど、自信を胸にチャンピオンの日本に挑んできた。スタチッチ監督は「日本は我々の攻撃力、スピードに苦労するだろう」と、前日会見で、意気揚々に語ったが、蓋を開けてみれば、主導権を握ったのは、日本の果敢なプレスと美しい連携だった

後半に入っても日本は、大儀見、宇津木らが、ディフェンスラインの裏をとりながらペースを失わないが、最後を詰めきれない。12分には、いいクロスが入ったが、大野のヘッドが合わない。
14分には、川澄がペナルティエリア内でボールをキープ。それをサポートした有吉から走りこんできた宮間に速いパスが入り、ヒールであわせたが、ゴールネットを揺らすことはできない。それでも流れは、完全に日本だ
21分には、エースでキャプテンのデバナがクラマーと交代した。ディフェンスに疲れはて、足の止まったデバナをあきらめざるをえないほど、日本は、豊富な運動量で豪州の長所を消していた

日本は、26分に大野に代えて、切り札のドリブラー、岩淵を投入だが、決定機を作れないまま時間が経過していく。内容で圧勝しながら、スコアに反映できない。これがサッカーか
42分、ついに待望のゴール。宮間のコーナーキックから、クリアされたセカンドボールを宇津木がフォロー。ゴール前の混戦の中で、岩清水のシュートも、はねかえされたが、そのボールをゴール前につめていた岩淵が、倒れこむように右足でゴールへ押し込んだ。45分には、最後、逃げ切るためにレジェンド、澤を投入。1-0のまま、豪州の反撃を許さず、ベスト4進出を決めた

試合後、佐々木監督は「よく選手が頑張って、ボールを動かしながら、粘り強く、最後はしとめてくれた。日本の皆さんが、朝早くから応援してくれたパワーが届いたんだと思います。根気強いなでしこジャパンのサッカーが実を結んだと思います。豪州? 想定内でした。それより、相手のプレシャーが意外と弱かったので、早く自分たちのサッカーができました。(ハーフタイムでは)あせることなく、じっくり90分で、もしくは、120分かかっても、君たちのサッカーなら絶対いけるからと、自信を持ちながらも指示をしました。(岩淵投入については)あの時間帯なら、岩淵のドリブルが効くと思いますし、初速もありますし、混戦の中でしっかりと決めていただいて良かった。継続して次のステップに頑張るだけ。目の前の相手を射止めて、なんとか、ファイナルに皆さんと共に行きたいと思います」と、ほっとした笑顔。
殊勲の岩淵は「素直にうれしいです。時間がない状況だったので、とにかく点をと思って入りました。みんなが頑張ってくれた90分だったので、少しでも貢献できてよかったです。なでしこでは、まだゴールが少ないんですが、こうやって大事なところで決められる選手になりたいと思います」と、興奮冷めやらぬ表情で試合を振り返っていた

参考 HE PAGE 2015.06.28

【関連する記事】