なでしこ→決勝戦進出

サッカー女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会で日本(なでしこジャパン、国際サッカー連盟=FIFA=ランキング4位)は1日午後5時(日本時間2日午前8時)から準決勝でイングランド(同6位)と対戦し、後半終了間際にイングランドのオウンゴールで2-1で勝利し、2大会連続の決勝進出を決めた

 決勝は5日午後4時(同6日午前8時)からで前回大会と同じ米国(FIFAランキング2位)と顔を合わせることになる

日本は後半アディショナルタイムに、川澄が右サイドから入れたクロスをイングランドがオウンゴール劇的な勝ち越し点をあげ、そのまま逃げ切った

試合は前半序盤にイングランドが持ち味のフィジカルの強さと高さを武器に優勢に試合を進めたが中盤からは日本もパスワークを発揮し、互いにPKを決めて1-1で終えた後半はイングランドの猛攻に日本は防戦一方となったが、堅い守りでなんとかしのいだ

先発は決勝トーナメント1回戦のオランダ戦、準々決勝のオーストラリア戦に続き、3戦連続で同じメンバーとなった。後半25分には岩渕真奈(バイエルン・ミュンヘン)が大野に代わって出場した。

イングランドは4日午後2時(5日午前5時)のドイツ(同1位)との3位決定戦に回ることになった。【デジタル編集部】

◇先発メンバー

GK:海堀あゆみ(INAC神戸)▽DF:岩清水梓(日テレ)、熊谷紗希(リヨン)、鮫島彩(INAC神戸)、有吉佐織(日テレ)▽MF:阪口夢穂(日テレ)、宮間あや(岡山湯郷)、川澄奈穂美(INAC神戸)、宇津木瑠美(モンペリエ)▽FW:大野忍(INAC神戸)、大儀見優季(ウォルフスブルク)

参考 毎日新聞 2015.07.02

【関連する記事】