なぜ葬儀は「家族葬」が主流になったのか?

みなさんは「家族葬」と呼ばれる葬儀のプランをご存知でしょうか?
家族葬とはご家族や親しい方に限定して執り行われる葬儀プランで、一般的な葬儀と比べて小規模なものとなります現在、多くの方が家族葬を選ぶようになり主流の葬儀プランとなっています

今回は、なぜ家族葬が選ばれるのか、その特徴や費用について詳しくご紹介します。

家族葬が選ばれはじめた理由とは

冒頭で紹介したように、家族葬の参列者は親しい方に限定されます多くの参列者に対応する一般的な葬儀に比べ、遺族の心身の負担を軽減できますそれは、故人との最期の別れにしっかりと向き合うことに繋がる大きなメリットとなります

また、一般的な葬儀より小規模になることで、葬儀全体の費用を抑えることにも繋がります自身の最期を考える「終活」をされている方の8割もの方が、
「自分の葬儀は簡素にしたい」、「葬儀より思い出作りにお金をかけたい」と考えておられます。(※1)
大規模であった従来の葬儀はその思いに反するものであったのです

※1 2015年「小さなお葬式」実施アンケートより

多くの方が家族葬を選ぶようになったのは、上記の2つの理由があったのです。
しかし、ひとつ注意してほしいことがあります。それは、葬儀社によって葬儀にかかる費用が大きく異なっていることです。次項では、葬儀業界が抱える大きな問題、「葬儀の費用」について解説します。

なぜ葬儀費用が高額となってしまうのか

日本消費者協会が葬儀にかかる費用を調査したところ、平均して122万円もかかるとの結果が出ています。それほどに高額であるのは、下記の2つの理由があります。

理由1:「葬儀社の言い値」で金額が決められている

葬儀費用が高額な理由のひとつとして、各物品やサービスの金額は「葬儀社の言い値」で決められております。例えば、仕入れ原価7千円の棺が、お客様の見積書では7万円になります。つまり、相場というものがほとんど存在しない業界です

理由2:「追加料金」が発生してしまう見積もり

葬儀社より提示される葬儀プランには、必要な物品が含まれていないことが多くあります。そのような葬儀社に依頼すると、お葬式を進める中でドライアイスや、ご遺体搬送などの項目で追加料金が発生します。葬儀の経験や知識が少ない方では、想定できないことでしょう

葬儀の費用が高額な2つの理由をご紹介しました。これらを問題視、そして解決したのが「小さなお葬式」が生み出した葬儀プランだったのです

小さなお葬式が提供している葬儀プランには「葬儀社の言い値」や「追加料金」は一切存在しません全てのプランにおいて、「必要なもの」は最初から全て含み、余計に費用が高額となる「不必要なもの」は徹底して省いています。 そのため、葬儀の知識がないという方でも安心してご依頼いただけます

次項では、その小さなお葬式の「家族葬プラン」の内容を詳しくご紹介します。

小さなお葬式の「家族葬」

「各物品の適正化」と「葬儀プランに含める品目の見直し」を実施し、家族や親しい間柄の方を中心にお葬式を行う3つの「家族葬」プランができました最もシンプルなプランで税込19.3万円、しっかりと儀式を執り行うプランでも税込49.3万円。一般的なお葬式の費用平均の半分を下回っています。必要なものが含まれているので、予算はプラン料金で考えるだけで安心です。

3つの家族葬プランって?

故人を家族や親しい間柄の方で見送ることができる「家族葬」。小さなお葬式が提供する、3つの葬儀プランをご紹介します。

■「小さな火葬式プラン」19.3万円(追加料金なし)

お迎え→ご安置→火葬の流れで行うプランです。通夜式、告別式はおこないません一般には密葬(みっそう)や直葬(ちょくそう)と呼ばれることもあります小さなお葬式では、全体の約半数の方にお選びいただいています

■「小さな家族葬プラン」49.3万円(追加料金なし)

お迎え→ご安置→通夜式→告別式→火葬の流れで行うプランです式を2日間に渡り行います。一般的なお葬式と同じ流れで、家族や親しい方に限定して、小規模に執り行うことができます

「小さな一日葬プラン」34.3万円(追加料金なし)

迎え→ご安置→告別式→火葬の流れで行うプランです通夜式を行いません。故人と家族でゆっくりと過ごしたい方に適しています。

「小さなお葬式」のプランは、どれも追加料金が一切不要の定額でのご提供です。

年間24,000件 選ばれるのには理由がある

小さなお葬式では、ご依頼件数が年間24,000件を突破しました。それは価格が安いというだけではないのです

まず、お見積りの段階で、プランに含む内容と金額を明確にして、お客様にお伝えしていること。そして、定額のプランの中に、葬儀に必要な品目が全て含んでお伝えしていることが、多くのお客様から支持されています。また、全国3,000カ所以上の葬儀場を利用可能で、希望の地域で状況に応じてお葬式を行うことができます

事前の準備で希望に合う葬儀プランを選択できる

この記事でお伝えしたように、小さなお葬式の「家族葬」を選ぶことで、相場より葬儀費用を70万円から100万円も安く抑えることができます。「お葬式はまだ先のこと」と考えていた方も、前もってご自身や大切な方の葬儀をどのようにするのか、検討されると良いでしょう。
日本一選ばれている定額葬儀ブランド「小さなお葬式」2016.06.01

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】