なぜ英語が必要か?

英語を母国語としする国は意外とすくない。

母国語としての言語は中国語が圧倒的に多く10億人。それに比べて英語は3.5億人です。

しかし、英語を公用語とする国の人口は14億人(約80カ国)で中国語を圧倒しています。

それに、英語学習者は20億人ていどいるといわれておりますので、英語は地球上の34億の人と直接コミューニケーションができるということになります。

世界で2人に1人は英語を話すことになります。

また、利用者の母国語にかかわらず、インターネット上の情報の7~8割は英語で書かれているといわれております。

ですから、情報収集に英語力は欠かせません

韓国に限らず、アジアの各国は英語学習に熱心です。

英語力は、アジア30ケ国のなかで日本は27位といわれ、日本より英語力が劣るのはラオス・タジキスタン・カンボジアだけです。

参考

人生の大問題を図解する!

著者 永田豊志

発刊株式会社 光文社

 

【関連する記事】