なぜか太る人のダメ習慣→10

たいして食べてるつもりはないのになぜか太ってしまう――

その理由は、何気なくやっている“おデブ習慣”にあるのかも!?

続けているといつの間にか太ってしまう「おデブ習慣」を解説したコミックエッセイ『どうしてもヤセられなかった人たちが“おデブ習慣”に気づいたらみるみる10kgヤセました』が話題の、ダイエットコーチEICOさん。

EICOさんいわく、「日常生活でやってしまいがちな“おデブ習慣”」は主に下記の10項目なのだとか。

1 部屋が汚い

2 いつも荷物が多い

3 財布はレシートやクーポン券でパンパン

4 月末はいつも金欠状態

5 服のシミや毛玉、髪の毛のプリン状態などがあまり気にならない

6 電車内や歩きながら食べてしまうことがある

7 他人といるときに小食ぶる

8 自分へのご褒美は食べ物

9 ジムに通っているので普段は歩かない

10 体重計に最後に乗ったのがいつか覚えていない

1~4はいずれも「計画性のなさ」「優先順位のつけられなさ」が、おデブになってしまう理由とのことです。

「部屋やカバン、そして財布の中身を整理できなかったり、後先考えずに散財してしまう人は、食べ物に関しても『今、これを食べるべきではない』などと冷静な判断ができないことが多いです

 5の「服のシミや毛玉などがあまり気にならない」に関しては、「美に無頓着」なのが問題なのだとか

「実は私も11年前は今より20kg太っていたのですが、当時毛玉だらけのニットを着ていて、『ヤセたいヤセたいって言う前に、その毛玉なんとかしなさいよ!』と怒られた苦い記憶があるんです(笑)。私のダイエットサロンに来るお客様も、初めのうちは毛玉や服のシミ、髪の毛のプリン状態に無頓着な方が多いですが、ヤセ始めると美意識が高まり、みなさん身だしなみも整っていきますね」

6の「電車内や歩きながら食べてしまうことがある」は、特に女性に見られる傾向だそうで、お菓子や菓子パンなどを食べる人が多いのだとか

甘いお菓子は脳内物質がセロトニン神経を活性化させるので、食べるとホッとするんです。そのため、仕事で疲れるとつい、場所を問わず甘い物を食べる女性が多いのです。以前、駅のホームにあるお菓子の自販機を観察したことがあるのですが、甘い物を買うのは99%女性で、しかもその場で食べ始めていました。“疲れたらいつでもどこでも甘い物”が習慣化している人は要注意!

参考 女子むSPA! 2015.01.21

【関連する記事】