たった10分→生活習慣病わ防ぐ

みなさんは、健康のために毎日運動を取り入れていますか?

「運動はしたいけど時間を割けない」「毎日続けるのは面倒」というあなたも、“毎日10分”ならば、取り入れてみたくなるのではないでしょうか

今回は、“毎日10分”で実現できる、健康な体づくりの方法をご紹介します。

「たった10分」の健康効果がスゴイ!

厚生労働省が定めた“健康づくりのための身体活動基準”を達成するために推奨されている「アクティブガイド」というガイドラインがあります。アクティブガイドが推奨するのは、毎日10分の運動を加えていく「+10(プラステン):今より10分多く体を動かそう」というもの

国立健康・栄養研究所 健康増進研究部が行った解析によると、「+10」、つまり毎日10分間の運動を習慣づけることによって、「死亡のリスク」を2.8%、「生活習慣病発症」を3.6%、「ガン発症」を3.2%、「ロコモ・認知症の発症」を8.8%低下させることが期待できるとされています

さらに、減量効果として「+10」を1年間継続すると、1.5~2.0kgの減量効果が期待できるのだそうです

たかが10分、されど10分。隙間時間の10分間を利用して運動習慣を増やしていくことで、病気に負けない健康な体を実現しやすくなります

■「+10」を実現する10分間運動

ただ、10分間の運動と言われても何をしたらいいのかわからないですよね。そこで、忙しい毎日でも実践しやすい運動場面を2つご紹介します。

(1)朝の10分

通勤前に散歩や軽いジョギングを取り入れれば、朝のうちに運動を済せてしまうことができます。起きたばかりの身体を目覚めさせることもできますよ。散歩やジョギングのほか、ラジオ体操や庭の手入れもおすすめ。滞った体液を循環させることができ、1日の消費エネルギーをUPさせることにつながります

(2)通勤時の10分

通勤中や職場内で身体を動かす機会があまりないという人は、最寄駅より1駅前で下車して歩くのがおすすめ。通勤時にいつも10分程度は歩いているという人は、早歩きや大股で歩くことで、今より運動強度を上げましょう。姿勢を良くして手を振り、歩幅を大きくすることで、全身を使った運動をすることができますよ。

たった10分でも、毎日続けることで体力を増進することができます運動の習慣を取り入れられないことでお悩みの場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね

参考 nikkan care.ism 2015.07.05

【関連する記事】