しじみが肝臓に良いはほんとうか?

春のお花見に歓送迎会、そしてゴールデンウィークと、たくさん遊んで美味しいものを食べて飲んで、そろそろ疲れが溜まっていると感じている人も多いのではないでしょうか。

その疲労感は肝臓から来ている可能性がありますその肝臓の働きをサポートしてくれるのが“オルニチン”というアミノ酸。しじみに入っているということで有名ですよね。

「でも、オルニチンって本当に効くの?」と半信半疑な人も多いのでは?そこで今回はES細胞での実験結果も交えてご紹介します

オルニチンは何をしている?

オルニチンは肝臓で働くアミノ酸肝臓はいろいろな栄養素の代謝を行っていますが、タンパク質を分解する過程でアンモニアという体にとって有害な物質が発生し、これが溜まると疲労感の原因となります

アルコールを飲んだり、食べ過ぎたりなどの不摂生をしていると肝臓に余分な負担をかけ、アンモニアの処理も追いつかなくなってしまいます

オルニチンは肝臓がアンモニアを分解する上で必要な栄養素日頃からオルニチンを摂取しておくことで、発生するアンモニアを処理する肝臓機能の向上が期待できるため、オルニチンはサプリメントでも販売されています

 

ES細胞にて効果が証明された

「理論ではわかっていても、本当に効果はあるの?」と疑ってしまう人もいるかもしれません。

「肝臓への効果を謳うものは多くありますが、オルニチンはその効果がいくつかの研究によって科学的に検証されています」と話すのは協和発酵バイオ・学術研究企画室の西村氏

その実験というのは、東京工業大学の田川陽一准教授が行ったもので、万能細胞と呼ばれる“ES細胞”を使い、擬似的な肝臓の細胞を作り出し、オルニチンを添加したものと添加していないものにそれぞれアンモニアを振りかけるというもの

その結果は、「オルニチンを添加しない場合には、アンモニアによって細胞がどんどん死んでいったが添加した場合にはアンモニアによる細胞死が抑えられた」というもの。さらにはアルコールを振りかける実験でも同様の結果が得られたとのこと。

西村氏は「この実験により、“オルニチンがアンモニアやアルコールから肝臓細胞を保護する”ということが細胞レベルで認められました」と話しており、確かにオルニチンの肝臓サポート効果には一定の期待ができると言えそうです

これまで半信半疑で二日酔いにしじみの味噌汁を飲んだり、日頃からオルニチンのサプリメントをとっていた人はこの結果を知って安心したのではないでしょうか。肝臓は“沈黙の臓器”とも呼ばれる我慢強い臓器。日頃からのケアを心がけましょう。

 

参考 nikkanCare .ism

 

【関連する記事】