こういう食生活はうつ病になりやすい

普段、何気なくとっている食事が、実はうつ病の誘因となっている可能性があります

これを食べたらうつ病になる、というものではなく、栄養バランスや食事時間の乱れの積み重ねから、栄養素の過不足によって「からだの働き」が乱れます

その結果、うつ病を発症してしまうことがあるのです

◆脳の働きのために必要な栄養素
脳内の神経伝達物質のバランスの崩れが、うつ病発症の原因となります

物神経伝達物質の代表は、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン。これらがバランスを取りながら、身体やこころの状態をコントロールしています。その合成にかかわっているのが食事です脳の栄養状態がよくないと、神経伝達物質が不足して、うつ状態を招いてしまいます

神経伝達物質の成分は必須アミノ酸、ビタミンB群、ビタミンD、亜鉛、鉄です。これらの栄養素が不足しないよう、食生活を見直しましょう。

◆ストレスと食事
過度なストレスもうつ病発症の原因となります私たちの身体の中では抗ストレスホルモンが働き、ストレスを和らげています

この抗ストレスホルモンの主成分は必須アミノ酸、ビタミンB群、ビタミンCです

◆どんな食事がうつ病につながる?
では、具体的にどんな食事がうつ病につながるのでしょうか? 神経伝達物質や抗ストレスホルモンの共通な主成分は「アミノ酸」ですこれらは肉・魚・卵・大豆製品に含まれます

おかずが少なく主食に偏った食事は、栄養不足につながります

また、一時的なストレス緩和効果がある甘いものやアルコール、カフェインも、結果的にはストレスにつながりますこれらの成分の処理にアミノ酸やビタミン、ミネラルを使ってしまい、抗ストレスホルモンの合成を抑制してしまうからです

下記のような食生活をつづけていると、カロリーは十分にとっていても栄養不足に陥る可能性があります

おにぎり、カップラーメン、うどん、菓子パンなど、おかずの少ない単品料理が多い
レトルト食品やファストフードが多い
コーヒーやアルコールを毎日飲む
毎日必ずお菓子を食べている
1日2食以下
ダイエットで極端な食事制限をしている

うつ病を予防するための食事とは
身体を正常に働かせる食事の基本は、1日3回、バランスのいい食事をすることです

バランスのいい食事とは1食に、主食(ご飯・麺・パンなど)、主菜(肉・魚・卵・大豆製品)、副菜(野菜・海草・きのこ)が揃っているもの

定食スタイルが理想的ですが、3つの要素を揃えることは難しくありません。例えば、おにぎりやカップラーメンに豆腐やツナが入ったサラダを加える、菓子パンをサンドイッチに変えるなどすれば、主菜や副菜をとりやすくなります

また、ストレス解消のための間食は、ビタミン・ミネラルが豊富な果物やナッツ、乳製品がお勧めです

参考 Mocosuku編集部 2014.12.14

【関連する記事】