がん転移抑える既存薬を発見!

がん細胞を取り囲む細胞群の「がんニッチ」を制御するタンパク質を突き止め、B型慢性肝炎の経口治療薬のプロパゲルマニウムが「がんニッチ」の形成を拒んで、がん転移を強く抑えることを、九州大学生体防御医学研究所の中山敬一(なかやま けいいち)主幹教授らがマウスの実験で見いだしたがん転移予防の新しい戦略につながる成果として注目される。1月2日付の米科学誌Journal of Clinical Investigationに発表した。

がん細胞の周囲には、血液由来の線維芽細胞や単球細胞から構成される「がんニッチ」と呼ばれる細胞群が存在し、がん細胞の増殖や転移を積極的に手助けしているがん治療では、がん細胞だけでなく、「がんニッチ」も同時に消滅させる必要がある。しかし、どのような仕組みで「がんニッチ」が形成されるか、あまりわかっていなかった
Fbxw7はがんで多く変異が見つかっているタンパク質で、細胞の増殖を抑制する効果がこれまでに知られていた。研究グループは、新たにがんニッチにおけるFbxw7の機能を調べた体質的にFbxw7量が高い人と低い人がいる。乳がん患者の血液細胞を調べ、Fbxw7の発現量が低い人はがんが再発しやすいことを発見した

また、ヒトと同じように、マウスで遺伝子を破壊してFbxw7の量を下げると、「がんニッチ」が増大して、移植したヒトの各種のがんが肺に転移しやすくなり、すぐに死ぬことを確かめたこのタンパク質が低い状態では、がんの周囲にいる線維芽細胞から、CCL2と呼ばれるタンパク質が過剰に分泌されて、がん細胞の周りに単球細胞を異常に呼び寄せて、「がんニッチ」を作り上げていることがわかった

このCCL2の働きを止めるために、その阻害剤のプロパゲルマニウムをマウスに投与したところ、単球細胞の集積がみられなくなり、転移先でのがん細胞の増殖が抑えられた。この薬はB型慢性肝炎治療に1994年に承認されてから使われている既存薬で、研究グループは「早い時期に臨床試験を進めたい」としている。

中山敬一主幹教授は「この基礎研究で『がんニッチ』形成の仕組みの一端が明らかになり、その研究を通じて、既存薬の転移抑制の効果が浮かび上がった新薬開発には膨大な資金と長い年月がかかるなかで、既存薬の適応拡大が見直されている。その意味でも、がん転移抑制の薬の候補として検討に値する」と話している

参考 マイナビニュース 2015.05.01

【関連する記事】