がん増殖遺伝子発見→国立がんセンター

さまざまな種類のがんの増殖に関わる遺伝子を見つけたとの研究成果を、国立がん研究センター研究所のチームが12日付の科学誌に発表した

低酸素や栄養不足などのストレスにさらされるがん細胞を保護する働きをしており、この遺伝子の働きを阻害する物質を開発できれば、幅広くがん細胞の増殖を抑える新たな抗がん剤につながる可能性があるという

チームは「IER5」という遺伝子が作るたんぱく質に着目がん化との関連は知られていなかったが、分析の結果、大腸がん、胃がん、腎臓がん、卵巣がんなどさまざまな種類のがん組織で、正常組織より量が増えていた

人のがん細胞を使った実験などから、このたんぱく質が「HSF1」という別のたんぱく質の働きを活性化し、がん細胞をストレスから回復させる「HSP」というたんぱく質が新たに作られることが判明がん細胞でIER5の働きを抑えたところ、増殖が抑えられた

また、ぼうこうがんや脳腫瘍などでは、IER5が活発に働いている患者はあまり働いていない患者より死亡率が高く、がんの進行や転移などに関与している可能性も示された

同研究所希少がん研究分野の大木理恵子主任研究員は「正常な細胞でのIER5の働きはまだ分かっていないが、IER5の働きを阻害する物質が見つかれば、さまざまながんを抑制する治療薬の開発につながる可能性がある」と話している。【下桐実雅子】

参考 毎日新聞 2016.01.13

EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

【関連する記事】