がんや肥満にも関わる→腸内フローラ

最近、世界的に注目を浴び研究が進められている「腸内フローラ(腸内細菌叢)」をご存知ですか?腸内に生息している無数の細菌が集まった微生物群集を指しますが、これは体の健康と密接な関わりを持つとされています。そんな腸内フローラについて、詳しくお伝えします。
■腸内フローラとは

人間の腸内には、一人あたり数百種類以上もの細菌が生息し、増殖を続けています。数にして約100兆個、重さにして1kg〜1.5kgといわれています。小腸の終わり(回腸)から大腸にかけての壁面には、細菌ごとの塊がびっしりと敷き詰められていて、その様子が花畑に似ていることから「腸内フローラ」と呼ばれています

腸内フローラの構成は食生活や年齢など、さまざまな条件により一人ひとり異なっています腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類があり、お互いに関係しながら複雑にバランスをとっています。個人差はありますが、健康な人の腸内細菌の割合は善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割となっています日和見菌は善玉菌が優勢のときは善玉菌の味方をし、悪玉菌が優勢の場合は悪玉菌の味方をするので、善玉菌が優勢な状態を保っておくことが健康の維持につながるといわれています

これらの腸内細菌は人間が生きていく上で必要なさまざまな物質を作っています。例えば、善玉菌が作る乳酸や酢酸は、腸内を酸性にすることで悪玉菌の増殖を抑え、食中毒菌や病原菌による感染や発ガン物質の産生を抑制する腸内環境を作ります。また、善玉菌はビタミンを産生したり、血清コレステロールを低下させる物質を作ることでも知られています

なんらかの問題により腸内細菌のバランスが崩れ、悪玉菌優勢の状態になると、病気やアレルギーなど、さまざまな体の不調を引き起こします便秘もそのひとつで、腸内細菌のバランスが悪化していることを示しているのです
■腸内フローラは全身に影響を及ぼす

最近の研究により、腸内フローラはがんや糖尿病、アレルギー、神経系疾患、肥満などと深く関わっていることがわかってきました脳への影響やうつ病との関係を指摘する声もあります。また、腸内フローラを入れ替えられたマウスは、性格まで変わってしまったという実験結果もあります

腸内フローラをよい状態に保つ鍵は食事にあるとされています。米・ハーバード大学の研究では、「完全な動物性食品」から「完全な植物性食品」に変えたところ、たった1日で腸内フローラが変化したという結果が出ています

腸内フローラをよい状態に保つにはビフィズス菌や乳酸菌を含む食品で善玉菌を補充すること、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖をたくさん摂ることが重要です。逆に、悪玉菌を増加させる高脂肪・高糖質食はなるべく控えましょう。また、食事以外に、ストレスを溜めないことも大切です

腸内フローラの正常化は、心身の健康につながります。もちろん、便秘の解消も期待できるので、よい状態を保てるよう、常に食生活や生活習慣を見直しましょう

ヘルスケア大学2016.04.07

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】