がんの5年相対生存率→64.3%

国立がん研究センターは14日、2007年にがんの治療を始めた患者延べ16万8514人について、5年後の生存率が同じ年齢、性別の一般集団に比べてどれだけかを示す「5年相対生存率」が64.3%だったと発表した

全国のがん診療連携拠点病院のうち、患者の90%以上の生死を確認できたなどの条件を満たす177施設(46都道府県)の患者情報を集計した。対象患者数は全患者の約3割を占めている
都道府県別でも集計。胃がんの5年相対生存率は、全国平均71.2%に対し、福井(77.7%)や長野(77.6%)が高く、群馬(60.9%)や茨城(62.0%)が低いなど、地域差がみられた生存率の低い地域は、患者の年齢が高いほか、早期発見率が低く手術ができていない傾向があった

参考 時事通信 2015.09.14

【関連する記事】