がん、息で手軽に診断→高度センサー

人の息だけでがんや糖尿病などにかかっている疑いを診断できる高精度センサーが産官学合同で開発され、2022年にも実用化される見通しとなった

将来的には、センサーをスマートフォンなどに組み込み、個人でも手軽にチェックできるようになる可能性もある

早期発見で、膨らむ医療費の抑制にもつながると期待される

国立研究開発法人の物質・材料研究機構(NIMS、茨城県つくば市)が中心となって呼気のにおいを分析し、含有物質を高精度で判別できる小型センサーを開発した京セラ、NEC、住友精化、大阪大、スイスの精密機器メーカーと合同で実用化を進めている
ダウンロード (13)
数ミリ四方の小さいチップであるセンサーに搭載された「膜」が呼気の特徴を検知し、がん患者の呼気に含まれる特有の物質の有無などをチェックしてがんの疑いがあるか判定する仕組みだ。センサーを搭載したり接続したりしたスマホやパソコンなどにグラフや数値で結果が示される。

参考 読売新聞  2016.01.9
  EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

【関連する記事】