お刺身とお造り→なぜ名前が違うのか?

「地方によってなぜ呼び名が違うの?」「関東と関西、違う呼び名でも中身は一緒?」そんな日本の言葉を1日1つずつ紹介していく「意外と知らない日本の雑学」。

【画像あり】どれが「お造り」で「お刺身」? 違いは分かる?

新鮮な魚を生のまま食すとき「日本人で良かった」と思いませんか? さっぱりしたお刺身は日本食の代表格。そんなお刺身ですが「メニューにお造りと書いてある……」と疑問に思った経験はありませんか?

 結論からいうと、地域によって呼び名が違うだけで「お刺身」と「お造り」は同じものです

 昔の武家社会では「切る」という言葉の縁起の悪さを忌み嫌っていました。なので、関東では「切り身」より「刺身」が使われるようになったのです。それに対して、関西では魚を切ることを「つくる(作る、造る)」と昔から表現しており、そこから「お造り」と呼ばれるようになったそう

関東と関西で呼び名が違うのは、武家社会がきっかけだったんですね

ITmedia LifeStyle 2016.03.05
  images-3-48-150x150images-5-300x152

【関連する記事】