おへそのゴマをとると病気になる→ウソ?

母胎にいるときは大切な役割を果たしているのに、産まれた後には何の役にも立たなくなるおへそひと昔前までは「おへそのゴマを取ると病気になる」などという迷信がささやかれていましたが現代ではベビーオイルやオリーブオイルなどを使っておへその掃除をする人が多いですね

 

実際におへその掃除はしたほうがいいのでしょうか?

おへそとは

おへその元となる「へその緒」は、妊娠中に赤ちゃんに栄養や酸素を運ぶ大切な器官です。直径は約2~3センチで、長さは50~60センチほど。「おへそ」は、産まれた後にこのへその緒のとれた跡のことを言います

おへその位置は男女の間でも違いがあると言われ、子宮や骨盤などがあることから女性のほうがやや高めの位置にあります

 

おへその皮膚の内側には、内臓を包む腹膜と腸があります。そのため、強い刺激を与えると炎症を起こし、傷つくことがあります「おへそのゴマをとってはいけない」と言われるのは、ここからきているようです

 

おへそのゴマの正体とは

おへそのゴマの正体は、垢や埃ですこれは衣類の埃や皮脂などが集まってできた汚れで、たまりすぎると細菌が繁殖して悪臭の原因になります汚れを落とさないままでいると、おへその穴が黒ずんで目立つようになってしまいます

 

さらに、トイレの便器の水に生息する有害細菌の数が290個なのに比べ、おへそのゴマに潜んでいる菌は約120万個にもおよびますつまりおへそのゴマはばい菌の宝庫です。もしかすると、便器よりも約4100倍も汚い可能性があるのです。放っておくとまれに「臍炎(さいえん)」と呼ばれる病気にかかることもあるので清潔に保つようにしましょう

 

臍炎(さいえん)とは

臍炎はおへそが炎症を起こしている状態のことを言います。へその緒を切り取ったばかりの赤ちゃんに起こりやすい病気ですが、成人してからも臍炎を起こすことがあります。これは、おへそのくぼみに入った垢や皮脂などによって細菌に感染することが原因で、主に次の症状がみられます。

 

・おへそが腫れる
・おへそが赤くなる
・おへそから膿が出る
・おへそが痛い

 

放置しておくと、臍炎から局部的な腹膜炎にかかり、敗血症を起こして命に関わる危険性もあるので気を付けましょう

臍炎になった場合は、抗生剤を服用し、抗生剤軟膏を患部に塗るといった治療が行われます。ただし、あまりにも膿が溜まり、激しい痛みが伴う場合は膿を排出させる手術を行うこともあります。

 

おへその掃除方法とは

病気にならないためにも、おへそは清潔な状態を保っておくのがいいでしょう。医療の現場では、開腹手術を受ける際におへそのゴマをとることがあります。このときはおへそに医療用のオイルを流し、汚れがふやけたところを綿棒で除去します。

 

前述しているようにおへそは皮膚が薄く、内臓の距離が近いセンシティブな部分です。洗うときはときは、おへそにベビーオイルを付けて綿棒でくるくる回すようにして、やさしく取り除くようにしましょう。おへその掃除は週に2回程度が目安です。頻繁に掃除をするとお腹を痛めてしまうので気を付けましょう

参考 Mocosuku Woman 2015.10.19

 

【関連する記事】