うつ病患者の1/3が発症→双極性障害

「3回も休職と復職を繰り返しました」

こう語る東京都在住の中田守さん(仮名・36歳)は、7年間うつ病と闘った。電気機器設計の仕事をするなか、28歳のときに不眠の症状に悩まされるようになり、仕事や家事へのやる気がなくなり、さらに趣味だったテレビゲームにも興味がなくなったという「自分なんていなくてもどうでもよい」という気持ちが次第に強くなった

うつ病は日常生活に支障が出るほどの気分の落ち込みが毎日続く病気だ。厚生労働省の調査によると、2014年の総患者数(躁うつ病を含む)は111.6万人と過去最多になった

国の自殺対策や医療計画に精神疾患が加わったことによって市区町村レベルでうつ病対策が立てられるようになり自殺者は減っています。しかし一方で、単純に薬物療法だけではよくならない例が増えている印象があります

と杏林大学病院の渡邊衡一郎医師は話す。職場復帰をしてもまた発症する、薬を何種類試しても効果がないこうした治りにくいうつ病を難治性うつ病という

中田さんは休業をして抗うつ薬による治療を受けた。半年後症状が治まり、医師の判断で薬も通院もやめた。「すっかり治ったと思った」と話す中田さんだが、復職後約2年で再び発症。2度の休職を繰り返した

治らない場合は、「診断を再検討することが必要」と渡邊医師は話す。渡邊医師は、難治性うつ病の再診断と治療に取り組んでいる。

うつ病の診断を見直すとき、まずは「双極性障害」の可能性を疑う双極性障害は「躁うつ病」とも呼ばれる病気。その名のとおり、うつ状態と躁状態(ハイな状態)を繰り返す

 双極性障害はI型とII型があり、躁の程度が異なるI型は、「一晩で何百万円も使ってしまう」「暴力的になる」など、社会的なダメージを受けるような極端な行動が目立つだがII型は、「気が大きくなって30万円使う」という程度の軽い躁状態なので、本人も周囲も気づかないことが多く、見逃されやすいうつ病と言われている人の3分の1が双極性障害か双極性障害の傾向があるという

いったん元気になってもうつ病を繰り返す場合や、抗うつ薬が効かなかった場合は双極性障害を疑う必要があります」(渡邊医師)

このように、治らないうつ病の診断を再検討するには、うつ症状以外の症状を把握し、その治療にあたらなければならない

「同じうつ病でも、さまざまなタイプのものがあります。治らない場合、その患者さんがどのようなタイプのうつ病なのかを分析しなければいけません。また、他の障害を伴っていないか、からだや脳に異常はないか、もともとどんな性格なのかを多面的に診ます」(同)

杏林大学病院では、1週間の入院検査プログラムがあり、4~5時間に及ぶ面談や心理テスト、身体検査、作業療法などを通して、うつ病の原因、また素因となっている患者の気質について徹底的に調べる検査の結果、発達障害や脳の病気などの別の病気だとわかるケースもある

難治性のうつ病患者は不安症やパーソナリティー障害を併発している確率が高い不安症はパニック症や人前に立つと極度にドキドキするという社交不安症などパーソナリティー障害はストレスから逃げる傾向や、物事を気にしすぎてしまう傾向が強いなど、性格の偏りによって社会生活にうまく適応できない精神疾患だ

こうしたうつ以外の症状は、抗うつ薬以外の薬物療法や認知行動療法をおこなうが、最も重要なのは患者に丁寧に説明することだと渡邊医師は話す

患者さんにとって、なぜ治らないのかわからないことが一番のストレスになっていますそのせいで自信がもてなくなったり、疲れてしまったりと、結果的にうつ病を悪化させています。『もともと物事を気にしやすい傾向があるから疲れる』という原因を伝えて安心してもらうことが何よりも大切です

※週刊朝日  2016年4月15日号より抜粋

dot.2016.04.12

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】