「舌」は健康のバロメーター

身だしなみのために毎日鏡で顔を見ても、舌までじっくり見る人は少ないはず。だが、皮膚より薄い粘膜に覆われ、血管も多く集まる舌は身体情報の宝庫舌を見れば、体の調子や病気のサインまで分かるという

「チェックすべきポイントは、舌の形、大きさ、色、舌苔です」と言うのは、東京薬科大学付属社会医療研究所教授で、長春中医薬大学客員教授の猪越恭也氏だ。

近年、西洋医学の現場でも導入され、注目度が高まっている中国伝統医学では、顔の観察を通して患者の健康状態を知ることが診察の基本になる中でも、舌を診る「舌診」は重要だという

舌は粘膜が薄いうえ、血管が多く集まっているため、血液や体液の状態を知るにはうってつけの臓器といえますつまり、健康のバロメーターなのです

自分でもある程度は観察できる。その際、注意すべきは、「食べ物や飲み物の色が付いていると正確な色が分からないので、必ず歯磨きやうがいをすること」と、「健康な舌との比較になるので、毎日継続的に観察すること」だ

そのうえで、チェックすべきポイントを紹介する。

形・大きさ

舌の周りが歯形で「凸凹」になっていたり、むくんで「大きく」「厚く」なったりしていたら、水分の調整をつかさどる胃腸や腎臓が弱っている証拠。逆に、舌が「薄く」「亀裂」が入っているような場合は水分不足の状態だ

年をとると体の水分が不足するため、舌も小さめになり、亀裂が生じやすい。しかし、若い人がこうした状態の舌だと、心身ともに疲労していることが考えられます

■色

健康な人の舌は基本的にきれいなピンク色をしている。しかし、「赤」みが濃い場合は、体に熱がこもっている状態だという感染症などによる熱(実熱)は、舌の先端部分の赤みが特に濃くなる体の衰弱などによる熱(虚熱)は、赤みに加え、苔が少ないか、ほとんどなくなる

「白」っぽくなっているのは、血液が不足、つまり貧血傾向にある体が冷えている時も血の巡りが悪くなるので同様だが、青みを帯びることもある。これは、血液中の酸素が不足するせいだ

「紫」色は“血液ドロドロ”のシグナル血液が老廃物で汚れていたりすると、血液の粘度が上がり、血行不良を引き起こして黒ずむからだ

よりはっきり出るのは舌裏の静脈で、血管が黒みを帯びて見える

こういう舌の持ち主は、慢性的な肩こりや腰痛に悩まされていることが多い。悪化すると血管が詰まり、静脈瘤など深刻な病気につながりかねないので注意が必要です」

■苔

色と同じくらい重要なのが舌苔だ舌の表面が見えないくらい「苔が厚い」場合は、胃腸に水分や不消化物がたまっている証拠べっとりとして取れにくいものは「厚膩苔」ボロボロと取れやすいのは「腐苔」というが、いずれも胃腸不良が原因だ

逆に苔が「薄い」あるいは、まったく「ない」のも問題体液が不足がちで、抵抗力が落ちている可能性があるまた、アレルギー体質では、苔がまだらに抜ける「地図状舌」が見られることもある

 風邪をひいて高熱が出ている時や、熱性の胃炎を起こしている時は「苔が黄色」っぽくなる。黄色が濃いほど熱は高い。そうした状態が続いて体力が極端に落ちると、今度は「舌苔が黒」みを帯びてくる

黒っぽくなるのは非常に危険な状態です。すぐに最寄りの医療機関で診てもらってください

アナタの舌は、いまどんな状態だろうか。

日刊ゲンダイ2016.04.07

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】