「泣きたくなる」ほど→便利な日本のもの

中国の日本情報サイトは、日本に滞在した中国人のコメントとともに「泣きたくなるほど便利だった日本のもの」を紹介している

1.コンビニ
日本のコンビニのサービスは、非常に充実している。食料品や日用品を販売しているのはもちろん、チケットが買えたり、文書のプリントアウトができたり、光熱費の支払いができたりする。銀聯カード(中国のクレジットカード)が使えるところもある」

2.ICカード
「中国にもあるけど、日本のは電車やバスだけでなく、コンビニや自動販売機、駅のなかのお店などで使えるところがいい

3.携帯電話の乗り換え案内
現在地と目的地を入力すると、最短かつ最安のルートを表示してくれる。列車の遅延状況も分かる」

4.セルフレジ
「自分でバーコードを読み取り、支払いを済ませることができる。スーパーでレジの列に並ぶ必要がないのですごく楽」

5.定期券
「日本の定期券は、券面の2つの駅の間であればどこで降りても料金はかからない。留学中はいろんな所に行くことができた!」

6.お土産を買った時
「観光地などでお土産を買った時、店員さんが小分けにするための袋は必要か聞いてくれ、シールも一緒にくれた

7.タクシーの自動ドア
「日本のタクシーに初めて乗った時は驚いた。乗客がドアを開け閉めする必要がないのは、荷物をたくさん持っている時には便利

8.トイレの音姫
音が流れて、用を足している時の音をかき消してくれるので気兼ねなくできる。女子にはうれしい

参考 Record China 2015.10.18

 

【関連する記事】