「夫源病」→妻の病気の9割は夫がつくる

妻の体調不良は、あなた(夫)が原因かもしれない‐。「夫源(ふげん)病」という言葉が今、注目されている。

夫の言葉や態度がもとで、妻に頭痛やめまい、不眠など、更年期障害のような体調不良が現れることを指す。

熟年離婚を考えている妻が多いことにも触れ、「理由の上位は、浮気や暴力よりも、小さい日常的なことの積み重ね」と指摘。

まずは「夫が妻を対等な一個人として見て、上から目線をやめる。簡単な方法は『おい、お前』ではなく、名前で呼ぶこと」。

妻が夫源病になり やすい夫」の主な特徴

□常に上から目線

□外づらはいいが、家では無口で不機嫌

□定年退職したとたん、妻にまとわりつく

□妻の話は上の空

□高熱で寝込む妻に「飯は?」

□妻の外出に口出し

□子どもの悪い部分は「お前のせい」

□家計を細かくチェック

□家事や子育てを自慢する自称いい夫

参考 神戸新聞2014.05.28

【関連する記事】