「垂直都市」→幻想にとりつかれる中国

英紙ガーディアンは、「『垂直都市』幻想にとりつかれる中国」と題し、中国の超高層ビルの建設ラッシュをめぐる状況について伝えた

現在中国政府は都市化を推進しており、各地で超大型都市の建設ラッシュが起こっている

その特徴は超高層ビルと秩序なき拡張だ来年竣工する上海タワー(632メートル)は世界第2の高さになる予定。上海だけでなく蘇州、深セン、武漢など各地で超高層ビルの建設が相次いでいる。20年には世界の超高層ビルの高さランキングトップ10のうち、6つが中国となると言われている

超高層ビル建設に対する法の整備や規制について何か学べる教訓は?と思うところだが、現在の中国では環境をめぐる市民の反対運動が起きることなど想像もできない

超高層ビルは商業的利益だけでなく、地方の名声も高めることになるからだ

参考 REcord China 2014.11.03

 

【関連する記事】