「すぐにでも倒産」→韓国企業170社

2015年9月7日、韓国メディア・韓国経済によると不渡りの危険度が高い韓国企業は170社に上ることが分かった

ダウンロード (12)

米コンサルティング会社アリックスパートナーズの報告書「企業不健全さのリスク指数」によると、来年、ワークアウト(企業改善作業)と法定管理(企業再建手続き)のリスクがある韓国国内上場企業は417社となり分析対象1544社(現在倒産企業などを除く)の27%を占めていることが分かった

このうち、全体の11%に達する高危険群170社は、すぐにでも構造調整をしないと第3四半期内の倒産がほぼ確実視されているこの割合は米国(7%)、欧州(4%)、日本(2%)よりもはるかに高い値となっている。低リスク群247社は、近い将来に構造調整が必要な企業として分類された。

韓国経済新聞が韓国の金融コンサルコンサルティング会社FnGuideに依頼して分析した上場企業の自己資本利益率(ROE)の推移でも同様の結果が出ている。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

常に第2のアジア通貨危機と背中合わせの生活
「ゴールデンタイムは過ぎ去った。来年からは地獄だ

「もともと、韓国企業は不動産投機で食べていたようなものだからな不動産市場が崩壊したら、韓国企業も崩壊する
つぶすべき企業を無理に生かしている。いわゆるゾンビ企業が多過ぎるということだ

政経癒着が深化し、労働組合が猛威を振るっている韓国では当然の成り行きだ
企業が不渡りを出して、公的資金が投入され回復してから、安く買い入れるのが最高

技術者を養成せず、下請けに値引きを強要したり、人件費を削ったりして食べているからこうなるのだ。こんなことをしている間に、日本やドイツなど技術先進国は、遠くに逃げていってしまった中国やらインドは足元まで追いついて来ているし…」
「国を動かしている人が責任を負うべきだ。中小企業支援をしてこなかった結果だ

参考 Record China 2015.09.09

 

【関連する記事】