「がんの親玉」→鉄分除去で抑える

がんの再発や転移の原因とされ、「がんの親玉」とも呼ばれる「がん幹細胞」は細胞の鉄分を取り除けば抑え込める可能性があるとの研究成果を、岡山大の大原利章助教(免疫病理学)らのチームがまとめた

がんを根本的に治す治療法の開発につながるという。8日から名古屋市で開かれる日本癌学会で発表する。

がん幹細胞は、がん組織の中に数%含まれているとされがん細胞の供給源になる抗がん剤や放射線が効きにくく、がんの再発や転移の原因とされる

 体内の鉄分が過剰になるとがんになりやすいことが知られている。チームはこれに注目し、iPS細胞(人工多能性幹細胞)で作ったがん幹細胞に鉄分を与えると、普段より3倍増えた一方、鉄分を取り除く薬を加えると、がん幹細胞の増殖が抑えられた

また、このがん幹細胞でがんを発症させたマウスに鉄を取り除く薬を与えると、がんの腫瘍が小さくなった

チームは昨年から、肝がん患者に対し、鉄分を除去する薬剤を使った治療法の臨床研究を行っている。大原助教は「鉄がないと、がん幹細胞が増える際に必要なたんぱく質の働きに影響が出るのだろうこの手法でがん幹細胞を攻撃できれば、がんを根治できる可能性がある」と話している。

川崎医科大の岸文雄教授(分子生物学)の話「海外では臨床試験が間近に迫っているものもあり、世界に遅れないためにもこの研究は重要だがん幹細胞を標的としていることに将来性を感じる

参考 読売新聞 2015.10.08

【関連する記事】